First Records of Flightrec

by Flightrec

/
  • Streaming + Download

    Includes high-quality download in MP3, FLAC and more. Paying supporters also get unlimited streaming via the free Bandcamp app.

      name your price

     

1.
2.
03:59
3.
4.
5.
02:59
6.
03:42
7.
02:36
8.
9.
04:37
10.
11.
08:46

about

2003年発表。ニシザワユウキがソロで制作したFLIGHTREC1stアルバム。

credits

released August 1, 2003

All songs written by Flightrec (Yuuki Nishizawa)
Programming, Vocal, Chorus, Trumpet

Additional musicians
Tomoki HIRAYAMA : Bass (#10,#11) , Guitar (#11)
Yuuki ISOBE : Trombone (#03,#10)
Hiroyuki YANBE : Guitar (#10)
YUA : Vocal (#08)

tags

license

all rights reserved

about

Flightrec Tokyo, Japan

contact / help

Contact Flightrec

Streaming and
Download help

Track Name: NONSTOP MUSIC FOR...
The Gemini and the Apollo are racing on the earth orbit.
The satellite speaker moves at speed of light.
The hubble catches the high score of the Voyager No.2.
Game over. Continue. Landing on the moon.Try again.
Nonstop music for the cosmic age.
Nonstop music for the TV-game age.
Track Name: AIRPORT JOKE
誰もいないエアポートのロビー
小脇に抱えたスーツケース
離陸した飛行機の影
少し温い自動販売機のジュース
2人並んで座ったシート
君はまるで唄うようにトーク
上空に怪しげな雲
そんなこと気にせずテイクオフ
聞き逃したアナウンス
取り出したボーディングパス
機長が管制官と交わすジョーク
Track Name: LIGHTS AND SOUNDS
Let's feel invisible lights
and inaudible sounds.
The world will begin to sing all at once tonight.
Let's feel sparkle sounds of lights
and sparkle lights of sounds.
The world will begin to dance all at once tonight.
Track Name: BEEPLIFE
ELECTRIC BEEP
偽りの日々と・曖昧な言葉
空っぽの毎日・鳴り響く in my head
ELECTRIC BEEP
何一つない・誰一人いない
空っぽの世界に・鳴り響く all night long
BEEPLIFE
君の声ももう聞こえはしないから
My life is full of beep sound
BEEPLIFE
真夜中耳にあてたヘッドフォン
My life is full of beep sound
Track Name: NO.9
9人目の僕
9人目の君
9回目の場所
9回目のキス
Track Name: BLAND NEW WOLD
最終電車から降りたホームを歩く
冷たい夜の風に背中を丸くして
君の手に触れれば何かが変わったかも
ポケットの中の手は固く握ったまま
望まずとも続く日々が音もなく崩れていく
ビルとビルの隙間には太陽と月が溶けて消えた
すれ違う人々通り過ぎたレストラン
振り返ればそこは思いでの成れの果て
新しい世界を見たかい見覚えのない世界を
過去と未来の間から記憶と夢がこぼれ落ちた
望まずとも続く日々が音もなく崩れていく
ビルとビルの隙間には太陽と月が溶けて消えた
Track Name: PICNIC
お気に入りのパーカーフードかぶって歩く
「さあどこへ行こうか」行く当てもなく
部屋を出てどこか行けば気分が晴れるなんて
都合良い話があるはずもなく
油絵のような空の色
君との思い出に背を向けて歩く
とりあえず何処か遠く一人きりピクニック
思いでのスニーカーは未だ履き慣れず
広すぎる公園で途方に暮れる
雨が降りそうな空模様
そろそろ家に帰ろうかな